最新情報

2014年7月24日看護師の現状
地方の看護師不足は深刻化しています
2014年6月8日看護師の現状
都心における看護師不足
2014年5月13日看護師の現状
看護師と歯科衛生士の違いについて
2014年4月17日看護師の現状
急性期病棟で働く看護師の仕事について
2014年3月17日看護師の現状
看護でのカテーテルの使い方について

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

地方の看護師不足は深刻化しています

近年、医療施設の不足、医師不足、そして看護師の不足の話をよく聞きます。それは地方に行けば行くほど深刻化しているようです。過疎化が進み、高齢者が多い地方では医療をより必要としていますが、医師や看護師が不足しているので、診療所等の閉鎖が相次いでいます。そのために、バスや電車を乗り継いだり、タクシーを呼んだりして通院しなければいけなくなった高齢者も多いと聞きます。通院するまでの移動が辛かったり、移動のお金がかかることから、本当なら通院が必要なのにやめてしまう高齢者もいるようです。

大きい病院は、設備も整い診療科もいくつもあり便利かもしれませんが、その裏側で、地方の小さい医療機関がなくなってしまっては、本当に必要としている人に医療が行き届いているとは言えません。これからどんどん高齢化が進んでくる日本、早期解決を望みます。お手上げ状態になる前に、先を読み医療体制を整えて、誰もが安心して医療を受けられる日本になってほしいものです。

タグ

2014年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の現状

都心における看護師不足

これからは看護師の不足が解消すると言われてから久しいのですが、都市部における不足状況はなかなか深刻なものがあります。これは、都市部への人口集中の結果ともいえるのですが、特に都心での獲得合戦は熾烈を極めているようです。獲得のために給与水準は、ますます高くなる傾向にあり、新人看護師でも大卒給与を大幅に上回る水準となっています。

加えて、マンションの提供、引越しのための準備金、就職祝い金などもあり、一人を獲得するために相当な額の出費を強いられることになります。マンションにしても、地方から出てきた看護師をまとめて寮に住まわせればよいというレベルではなく、医療機関近隣のワンルームマンションを借り上げて格安で提供するという贅沢なことがまかり通っています。

また、紹介会社を利用した過当競争が展開されており、紹介会社への支払いを入れるとさらに高額な負担が発生することになります。都心の看護師獲得合戦は、地方の看護師を総ざらいする勢いがあり、待遇の良さにつられて地方の医療機関離れの現象すら引き起こしています。この過当競争を沈める手立てはなかなかなく、各医療機関の悩みの種であることは間違いありません。

タグ

2014年6月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の現状

看護師と歯科衛生士の違いについて

看護師と歯科衛生士、どちらも人気がある職業です。イメージでは混合されやすい職業ですが、比べて違いを考えてみます。まず歯科衛生士について簡単に説明します。男性はごく少ない数で存在していますが、歯科衛生士はほとんどが女性です。仕事場は歯科医院や保健所などがあります。歯科衛生士は歯石を取ることや、フッ素を塗ること、また治療の準備など歯医者さんのサポートなどの仕事をしています。歯科衛生士は不足しているのが現状です。

また近年ではインプラント治療が注目されています。インプラント治療をする歯科医院の中には、看護師の資格がある人を雇用するところもあります。次に看護師について簡単に説明します。一番分かりやすいのが、採決や注射をすることが出来るということです。看護師の方が仕事の幅が広いです。また責任も重いので給与も高いです。看護師は夜勤などもあるので激務と言われています。このようにどちらも医療を通して社会貢献をしています。

タグ

2014年5月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の現状

急性期病棟で働く看護師の仕事について

急性期病棟で働く看護師の業務には交替制の夜勤がつきものですし、患者の容態が急変してしまうケースも少なくないため、精神的にも肉体的にもかなりキツい仕事だと言うことができます。患者や患者の家族に寄り添って一生懸命看護にあたった結果、無事に容態が持ち直した場合には、患者の家族に喜んでもらうことができますし、自分自身もある種の達成感を感じます。そういった意味では、非常にやりがいに満ちた素晴らしい職場なのですが、時には疲れ果ててしまう看護師も出てきます。

急性期病棟勤務を経験すると、一般病棟勤務よりも多くの知識と技術が身につくと言われていますが、それで看護師自身が体を壊してしまっては何にもなりませんし、患者のケアをすることもできなくなってしまいます。急性期病棟は負荷の大きい過酷な職場であることは事実ですが、それに見合うだけのやりがいがあることも事実です。ですので、看護師自らがやりがいと負荷のバランスをうまく取るようにする工夫が必要になります。

急性期の看護師は育児休暇にも注意

急性期で働き続けたいと考えている方は、子育てが始まる前に自分の職場の育児休暇制度がどうなっているのか調べておきましょう。
看護師の育児休暇は、実際職場によって異なることが多いです。
急性期は非常に忙しいので、安心して休めるか、子育てに専念できるかはとても重要なことです。
自分が当事者になってからだと慌てることも多いので、今のうちから確認しておくと安心できます。

タグ

2014年4月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の現状

看護でのカテーテルの使い方について

看護でのカテーテルの使い方についてですが、カテーテルの使い方には色々あります。例えば痰を吸引する使い方の場合は、普通に口から吸引したり、鼻の中に入れて吸引したり、気管を切開された方が気管から痰を吸引するなどです。気管から痰を吸引することについてですが、まずカテーテルの種類が細さの違うものや形の違うもの、先が曲がっているものなどたくさんあります。

気管を切開して、そこにカニューレというプラスチックでできた筒を入れているのですが、痰を吸引するときは、そのカニューレの筒の穴の中にカテーテルを入れて吸引します。奥まで入れ過ぎると粘膜に傷をつけてしまいますし、浅いと奥の痰が残ったままになるのでその加減が難しいです。それと冬は乾燥していますので痰も固くなりやすく、吸引しにくくならないように加湿器などを使って部屋の湿度を上げたり、水分を多めにとると良いです。吸引するときは焦らずに、正確に判断することが大切です。

タグ

2014年3月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の現状

ナースの忙しい仕事内容

女性の就職ランキングでも上位を位置するナースのお仕事ですが、基本的にナースのお仕事と言うものは忙しいと言うイメージが世間一般的にあります。ナースなどの看護師のお仕事というものは、命を預かる仕事内容だけあって責任の重い仕事ですが、その仕事内容の激しさは近年では労働環境の見直しや職場待遇などの改善によって、ある程度緩和され始めていると言われているのです。

特に最近では看護師やナース専門の就職支援サービスや転職サポートサービスの登場によって、看護師の働きやすい環境が整いつつあります。しかし職場によっては忙しい職場も存在するので、そう言ったことを心得ておくことによって、スムーズな職場選びを行うことが可能です。看護師の仕事は他の仕事に比べても忙しさと言う面においては、今では他の業種との違いの少ない職場となっています。また最近は男性の看護師も増えてきているため、力仕事は男性看護師に任せてナースは軽作業をすると言う役割分担も確立されつつあります。

タグ

2014年3月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の現状

アメリカにおけるナースの給料はどんなものか

日本ではナースの需要は非常に高く、高齢者がかなり増えている現在ではさらにそれは右肩上がりになっていくことが予想されます。しかし日本ではナースの独断でできる医療行為というのはあまりありません。そういう意味ではアメリカのナースのほうが独断でできる医療行為の種類は多いのです。仕事に関しても分業がすすんでおり、看護師一人が請け負う仕事量というのは無理のない範囲内となっています。

では給料面では日本とアメリカの看護師に違いがあるのかということですが、実は噂になっているほど日本とアメリカの看護師の給料に差はありません。アメリカの平均的な年収が360万円ほどと言われています。看護師はそれよりも多い580万円という結果が出ていまして、日本の看護師と比べても30代くらいであれば80万円ほどの差しかありません。日本と同じように看護師の需要は増えているアメリカでは近年外国人の看護師を雇うというケースも増えてきています。その場合は少し安い給料となることが少なくありません。

タグ

2014年3月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の現状

このページの先頭へ