看護師と歯科衛生士の違いについて

看護師と歯科衛生士、どちらも人気がある職業です。イメージでは混合されやすい職業ですが、比べて違いを考えてみます。まず歯科衛生士について簡単に説明します。男性はごく少ない数で存在していますが、歯科衛生士はほとんどが女性です。仕事場は歯科医院や保健所などがあります。歯科衛生士は歯石を取ることや、フッ素を塗ること、また治療の準備など歯医者さんのサポートなどの仕事をしています。歯科衛生士は不足しているのが現状です。

また近年ではインプラント治療が注目されています。インプラント治療をする歯科医院の中には、看護師の資格がある人を雇用するところもあります。次に看護師について簡単に説明します。一番分かりやすいのが、採決や注射をすることが出来るということです。看護師の方が仕事の幅が広いです。また責任も重いので給与も高いです。看護師は夜勤などもあるので激務と言われています。このようにどちらも医療を通して社会貢献をしています。

タグ

2014年5月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:看護師の現状

このページの先頭へ